D-7 <altijd in beweging>

Day to day life of a Perl/Go/C/C++/whatever hacker. May include anything from tech, food, and family.

タグ:Mouse

前のエントリでData::LocalizeをMouse化したと書いたが、それぞれこんな感じ:

daisuke@beefcake $ env ANY_MOOSE=Moose perl -Mblib tools/benchmark/benchmark.pl Rate locale_maketext data_localize locale_maketext 9615/s -- -64% data_localize 26786/s 179% -- daisuke@beefcake $ env ANY_MOOSE=Mouse perl -Mblib tools/benchmark/benchmark.pl Rate locale_maketext data_localize locale_maketext 9615/s -- -66% data_localize 28037/s 192% --
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

Data::LocalizeMooseベースで、Moose嫌いなtokuhiromがMouseじゃねーから使わないって言われたのが発端。おお、んじゃあAny::Mooseにすべかぁ、と思ったらParameterized typesが実装されていない。ないからことごとくエラー。「実装されてないじゃん!」って言ったらtokuhiromとYappoに「え〜、俺ら必要ないし」的な発言をされて正直Mouse Mouse言うならちゃんと最後まで面倒みてやれよ!と思った。

...というような事を書いたが、このエントリは別に彼らに文句を言いたいわけではない。

オープンソースの世界は参加者一人一人が自分の技術を少しずつ世間に提供する世界だ。彼らにMooseとの完全なる互換性を求めるのは大間違いだ。ここまでちゃんと使える物にしてくれたのはそもそも彼らなんだから、それはそれで充分とするべきだし、彼らがその開発のための犠牲になるのはおかしい。

そもそも俺がMouseのコード書けるかもしれない。面倒くさがってるのはこの場合おれのほうだよね。

というわけで、まず俺のできること第一弾はAny::Moose化はしつつ、Parameterized typesを使わない方法で実装してしまうこと。んで、しました。その後は家を掃除したり、ポトフを作ってみたり。正直この時点でまだMouseのコードを1行も見てない。

それが終わって、PCの前に戻ってきたら、やっぱり互換性がないと新規参入者達にMouseもMooseもすすめられねぇや、JPA的にまずい、と思って改めてMouseのコードを確認。・・・30分後、なんとなくわかってきた。あと、Parameterized typesってのは基本的に再帰的にデータの内容を確認する事だから、再帰呼び出しをする関数を書けばいいのもなんとなくわかってきた。Mouseを見ると基本的にisaという宣言がある部分は基本的にはクロージャを作っている:

# ちょっぴり実際のコードとは違います my $code = $optimized_constraints->{ $type } || sub { Scalar::Util::blessed($_) && $_->isa($type) };
これをベタ書きしてた所を、ジェネレータにすればいいのだ。そして毎回isaが呼ばれると作ってたsub{}も、キャッシュしてしまえ。というようなパッチを書き、Parameterized typesが動くようになった。コミット。Data::Localizeも無事Paarameterized typesを使えるようになった。

というわけで、MouseでParameterized typesが使えるようになったあらまし。問題がなければ次の0.19に入ると思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ