D-7 <altijd in beweging>

Day to day life of a Perl/Go/C/C++/whatever hacker. May include anything from tech, food, and family.

カテゴリ:日常

えー、とうとう33歳になってしまいまして。

で思い返すに最近・・・そうですなぁ、ここ2年くらいですかね。なんだか急速に体の衰えを感じているのです。特に飯。どうもね満腹中枢と理性と内蔵の処理能力がいまいちシンクロしてないのです。

例えばお昼に出るじゃないですか。気分的にはお腹も減っていてそれこそ近所のもうやんカレーとか食べられるんじゃないかという感じなんですが、最近それをやってしまうともう後で膨満感で仕事にならない。他の店でも例えば昔はぺろりといけていた大盛り注文も最近は後で来るので食べられない。その食べてる瞬間はいける、と思うし実際完食まではできるんだけど、後でくるんだよなぁ・・・

まぁそんなわけでさすがに僕も馬鹿じゃないのでだんだんその事が分かってきて昼飯は今までと比べると軽めにしてみてうどんとか食べたりしてるわけですが、それでもやっぱり「あ、この店大盛りがあるんだ・・・」とか見てると腹のほうは「いけるいける、おまえ食えるぞ!」って言ってくるんですな。そこは理性でなんとか抑えるんだけど、なんか一抹の残念感というかなんというか・・・そういうものをもって店を出たりするわけです。で、歩いているとだんだんこなれてきて「あ、やっぱり大盛りにしなくてよかった」とかなるんで、まぁ最終的にはいいんですが。

とまぁこんな感じで、理性では「おれはもう大食いはできない」と分かっていても今までの癖で「まだ食える」と感じてしまうというちぐはぐな状態なわけです。

これからはなるたけ若人連中に食わせてそれを見て喜ぶ人になろうかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

去年相方に連れられて初めてPUFFYのライブに行きました。で、今年もなんかいつのまにやらどこからかチケットを手に入れてきたらしく、この間三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂でのライブにも行ってきました。

あいにくの雨の中、満席状態。デビュー14周年とか言ってたけど、好きな人も多いんですなぁ。

正直自分はそんなにファンでもないので大盛り上がりはしないんだけど、でも一つだけ言いたかったのは、自分みたいに「え、PUFFYってなんちゃってアイドルくずれポップでしょ?」とか思ってると意外とライブではびっくりさせられるということ。

PUFFY達のトークとかもまったりしてていいんだけど、バックバンドがまぁなんというか、こういう言い方は失礼かもしれないけど「ちゃんとしたロックバンド」なんだよね。骨太ロックが聴けます。おかげでそんなにPUFFYファンじゃない自分も大変楽しかったです。あ、ちなみに別にPUFFY嫌いとかでもないんで。要はフツーの観客です。



ところでやっぱり「大人の席」が欲しいです。1人3万円くらい、4人席で10万円くらいでボックス席になってて、ビールの一杯も着く感じの席。遠くていいので、落ち着いてライブを見られる場所。そんなのがメタリカライブとかであったら絶対いく!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

This is a meta-entry about the effort that Gabor Szabo is pushing for right now (grant request, blog entry). I'm writing on my blog because for the life of me blogs.perl.com doesn't accept my OpenID login, and somehow my MT account there was suspended. WTF. 

Anyways.

I'm the head director of Japan Perl Association (JPA), which is kind of similar to What Gabor is proposing, but not quite. I thought this story on how JPA came to be, things we had to do, and other considerations will shed some new light into the conversation.

Without further ado here goes:

OOPS, DID I JUST SAY THAT?

JPA originally came about when during a dinner after YAPC::Asia Tokyo 2008, I (Daisuke Maki a.k.a. lestrrat) blurted out "Hosting YAPC without a real organization sucks, let's make one!"

Of course, when you speak up, you get to do it. So Emmerson Mills and I started planning and executing the efforts to bring this organization to reality.

There was much that the Japanese Perl community could benefit from such and organization, but we had find the right raison d'etre, so that we could bring in enough people and organizations to the new entity.

MISSION STATEMENT

Well, actually the mission statement is on JPA site, but that's kind of a general, beautified-for-people-that-only-came-to-glance-at-it type of statement.

What this organization really aims for is to create an environment / atmosphere where corporations can hire more Perl engineers (easily). Basically, we want to convey this message:

 "Look (you corporations, employers), Perl is a serious language, and you can get stuff done with it. You also don't have to worry about legacy code, because we will make sure there are more Perl programmers"


That statement alone would just be some random guy saying that for the heck of it. We were going to either prove that the above was true, or make an effort to make those things happen.

So to be more convincing, we narrowed that what would be our goals:

(1) We need more exposure about the fact that serious companies uses Perl. A lot of people -- especially those that are learning about Perl -- still think that Perl is a CGI-ish, Web-ish language. Sure sure, we can use it for the Web, but we can also use it for tons of other things. And we need to tell them that there's evidence for it (i.e. that there are companies using it).

(2) We need to reach out to the (relatively) non-geeks and newbies. Let's face it: if you're a geek, you don't need our help. You know what's good for you, and you will probably pick up the right tool/language for the job in hand. Instead, we need to reach out for those people who are just learning about, or are just using Perl to get some daily duties done. We need to tell them that some stories are just FUD, or plain outdated. We need to tell them how to be lazy and productive with the language.

(3) We need a "local" voice. Just translating news, delivering maybe not all, but at least selected news about the language development and such, so that people who don't actively follow foreign tech news hear about what's going on.

(4) ... and finally. We need to have Perl look "official". Official in a sense that it's not just a handful of hackers doing what they want, when they want, how they want. Hey, I know how OSS goes, so I know that part of that statement will always be true, but the important thing here is how the general audience *perceives* Perl is.

For somebody with minimal technological background, having an official backer takes away a lot of uncertainty and doubt about our beloved tool. 

So then we knew who our target audience was: Corporations and non-hackers of Perl (people who just started, people who only use it because it's part of their job, or people who don't currently use Perl). 

Back in winter of 2008, I don't think I could articulate these messages, but still, I believe the gist of the above goals were there already. So based on that, we started on the next mission: $money


OPERATION IN THE REAL WORLD, AND $MONEY

After going back and forth between doing an NPO and a real company or some other choice, we decided to form a 社団法人 (probably called an "incorporated association" in English, but I'm not sure). I don't know how that translates in other countries, but it's somewhere between a company-for-profit and an NPO. 

An NPO in Japan can, but is limited in ways to, make a profit. Also, an NPO is eligible for some tax breaks but in general requires a LOT more paperwork that must be made public. The reasoning for this is that (1) an NPO is something for the general public, so you need to let everybody know what you're doing, and (2) if you get tax breaks, you're using other taxpayer's money, and therefore you need to let everybody know what you're doing (duh). That's a big blocker for us, because we don't have enough man power. More on that later.

On the other hand with a company-for-profit you're allowed to do what you want. It's a self-governing entity, so you can make your own decisions, do whatever you want --within the general rules of the law. However, a company-for-profit's entire reason to exist is to grow. After all, we just want a better environment for Perl. We're not trying to rule the world or anything. So this wasn't a great choice either.

That lead us to 社団法人. You get to be a self governing entity, you can make a profit, and you don't have to aim to be the next Microsoft or anything.

Having made the choice about the structure of the organization, the rest pretty much came as a no brainer.

JPA asks companies for some subscription fee to be a member. We calculated that, to keep hosting YAPC::Asia and our organization, we needed somewhere along USD 30K ~ USD 50K per year, so we used that estimate to calculate back how much we ask for companies. We currently have about 20 members. Some members pay more than the other, etc. You do the math.

Since our organization isn't a company-for-profit, we don't have the basic stated capital to base our initial activities on. So we decided to create a way to accept funds from our members. If you didn't know, fund in this context is sort of a loan without interest. JPA cannot, unless we somehow royally f*cked it up, keep the money as profit -- we must pay back when we can. So we worked with Mixi (one of the major SNS providers in Japan) to give us a base fund of USD 10K. JPA will not use that money actively, but instead we will keep it as a buffer so that our balance doesn't go negative.

That only covers the initial cost. We need to keep this organization running, so we need to have revenue coming in. Unfortunately for the time being we must rely on subscription fee for the bulk of the costs, but we have... yes, YAPC::Asia Tokyo! YAPC used to be a completely non-profit activity, but we're trying to generate somewhere around USD 5K to USD 10K per yea from it. Don't worry, we're not trying to sell you stuff (we learned our lesson form last year ;). We'll just simply cut costs where we can, and make the event a bit more attractive for non-hard-core Perl people, which should translated to more ticket sales. Anyway, that's a different story. Just saying that we do plan to make some money out of YAPC.

Also, we teach courses and charge people for it. This particular business hasn't really taken off, but then again we can't really keep it up if we had offers to teach courses every week. We all have day jobs. It would be nice if we can do this maybe once per month in the future -- that would give us room to grow.

BTW, when we incorporated JPA in the winter of 2008, I personally put in about USD 10K (of which JPA refunded about USD 5K) for this preparation. This is not to brag about it, but to state the fact that, damn it, you need money to make these sort of things become a reality. Dreams without a financial plan is like a building without a ground to stand on. I hate it, but it's a necessity.

THEN THERE WAS JPA

Anyway, so we planned those things out, I talked to a bunch of Japanese Perl Hackers, got in fights, I talked to more corporations, did a lot of legal munbo-jumbo... and there it was, Dec 26, 2008, JPA was born.

We waited until April 2009 (which is when most Japanese companies start their fiscal year) to "officially" announce the creation of JPA. We had a press conference, and made sure at least some people heard of us. I've been to many PM group meetings north and south of Japan, we held conferences, we started some online papers to market Perl, got involved with legal stuff when we needed to... etc. 

I believe currently we're still in "let our presence be known"-state. So I travel around Japan, telling people that JPA exists, and that Perl dying is a FUD. I believe these efforts are gradually paying off.

As for staff, we have 5 directors. Most daily chores are divided up between these directors. We currently don't have any paid staff. Accounting is managed by my real-life partner (I really want to compensate her for her great job, but I sweet talk to her instead of paying her for now). I don't think we can have a paid staff until our yearly revenue reaches somewhere around USD 100K -- but we still have long way to go.

We have YAPC::Asia Tokyo 2010 coming up this October. Our budget's on track, and we should make a slight profit this year. Oh, last year we had a completely dried out balance and the end of the fiscal year (the funds were safe -- I was really glad we decided to have that fund thing).

TODO, AND PLANS

This blog. I initially started writing about JPA in English to compare with Gabor's ideas, but this turned out to be a massive summary, which I really should write in Japanese as well. Japanese readers, yes it's coming. please hold

I personally hate to be the head honcho, as I'd rather be an unknown who do the dirty deeds behind the scenes, but I believe for the past year and half, JPA has been successful so far. There are a lot more things we should do, but just like any other non-$dayjob activity, I believe that doing what you can now, and gradually keep moving forward is the answer for long term success. 

However, I do believe that an actual fiscal plan,  clear targets, goals, and separation of concerns (i.e. we're not doing anything that TPF would do -- we focus on Japanese corporations and engineers) are required to make an organization like this active and successful.


Hope this story wasn't too boring. Happy Marketing Perl!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

株式会社ノア様よりJPAに研修の依頼をいただいたので、先週北海道に行ってきました!

何を隠そう、初北海道。日本住まいもやっと6年目の僕にとって北海道のイメージはじゃがいも、とうもろこし、鮭にミルクくらいで、もうあとは北海道はでっかいどうくらいしかでてきません。そんな状況の中、色々と公私にわたって忙しかったのも相まってスライド類を用意した以外はなんの下調べもせずに北海道は札幌に行ったわけです。

とりあえず前の晩に現地に着き、チェックインして飯を食いがてら街へ繰り出すと、場所がすすきのだからでしょうね、もうホストとホステスばかり。別にあなたたちの職業に関しては文句は言わないからせめて道を占拠しないでくれないか。ともあれ、適当に入った回転寿司ははずれ。このあたりからもう少し下調べをしておけばよかったと大分後悔。

二日目は研修。札幌は碁盤の目で、住所も「南2西2」とかわかりやすいので自分みたいな初めての人には大変嬉しい。というわけで時間に若干余裕を持って歩いていった。研修はCatalystに関して。Catalystに限らずWAFとかを教える時に思うのはフレームワークの使い方だけわかってても効率的な開発や問題を解くことに繋がらないからどうしても話題が広がってしまう。本当はもう少しピンポイントでやったほうが教えるほうも教えられるほうも良いかな、とは思う。まぁ時間がない中ではあまり選択肢はないんだけどね。

ともあれ、研修自体は朝からみっちり。また機会があったら是非続きをしたいですね。

夜はLOCALの澤田さん達とお食事。初対面の方達ばかりで正直向こうもどう接したらいいのかとまどったとは思うけどw、いいお話ができたのでよかったです。北海道はある意味関東よりもオープンソースのコミュニティが良い感じで活動できてるんじゃないか・・・?とうっすら思ってしまったくらい良いお話が聞けました。今度活動開始するHokkaido.pmの事も皆様で見守ってあげてください!

ちなみに連れて行ってもらったお店で予約をすると必ず人数分山盛りの刺身盛り合わせが出てくるらしいのだが、それを今まで食べきって他の料理を注文したことがないとのこと。ところがこの日は4人で予約して後から1人増えたのでみんなが「他のものが注文できるぞ!」と沸き立ち、餃子を注文。大変貴重な瞬間に立ち会えた。

その後お腹いっぱいだったのもあったけど、もうワールドカップが始まるのでホテルに帰る。帰り道は大学生くらいの集団があちこちかけずり回ってた。YOSAKOIソーラン祭りってやつだったらしい。街中すごいことになってた。自分は帰ってずっとサッカー観戦。この晩寝たのは午前4時くらい。

そして最終日はなぜか朝6時くらいに起きてしまった。どういうことだ。ともあれ、11時半の飛行機に乗るのに、空いてる時間が微妙。ちょっとぐぐってみたらこの時間にやってそうな施設は札幌中央市場くらいしかなさそうだったのでホテルをチェックアウトしてタクシーで一路市場へ。

タクシーの運転手さんが待っててくれるっていうので貴重品だけもって外部市場をふらふら。適当な店で海鮮丼食ったら2800円。どんなのかと思って期待してたら結構ふつー。うーむ、うまいが・・・2000円くらいにしてくれ・・・。相方にスルメのお土産を買って、一路札幌駅へ。

札幌駅ではトイレに入ったらトイレットペーパーがなくて右往左往したりとかそれなりに色々あったのだが、まぁとりあえず普通に飛行機に乗って帰京。

なお次回8月にまた北海道に行く予定なのだが、気をつけようと思ったこと:

  • ズボンを下げる前にトイレットペーパー(っていうかホルダーさえなかったのだが)の有無を確かめること
  • 新千歳空港から札幌まで意外と電車賃がかかるので現金をちゃんと持ってること。
  • YOSAKOIソーラン祭りの時にはすすきのに近寄らない


写真も結構とったんだけど、またあとで載せる。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

(This post is posted on my personal blog, since it contains personal rants and what not -- JPA will probably issue some statements after we've talked to the specialists handling these cases)

So since it's probably of general interest, I'm here to let you know that Testuya Kitahara of the Apache Foundation fiasco fame has filed (and has been accepted!!!!) for the trademark of "Perl" in Japan. WTF? Although it's in Japanese, a more detailed history of events can be found around here.

Weee. So some dude is trying to claim that the name "Perl", a language that has been around, used and abused for the past 20+ years, is his to claim. 

(.oO Just to give you some context, this same person is claimed to have been involved with pyramid sales scheme, has attempted to squat on and sell the domain twitter.co.jp to twitter, and is also currently applying to register the words "Ruby" and "Opensource" as his trademark as well )

As the head director of Japan Perl Association (JPA), I'm having to deal with this crud. Sigh. I really don't understand the mind twisting that these kind of people go through to persuade themselves that this is a Good Idea -- and I really hate the fact that both JPA and myself have to spend a significant amount of time and resource on this silly issue.


Anyways, unfortunately the trademark is already accepted. We now have to formally work on repealing it or at least make sure that it does not make working with Perl problematic going forward. So we're going work with specialists, and do the legal dance :/



BTW I've already sent emails to The Perl Foundation's trademark mailing list as well as to friends who I know involved in TPF, but currently no official response has been heard. I wonder what The Perl Foundation is willing to do with all of this. 

I'm not trying to blame TPF or anybody here, but a guidance as to what they want to do with this situation would be most welcome, so here's my public plea :)

Also, this is probably going to cost some amount of money -- probably in the thousands of dollars range. We may have to ask for assistance then. oh well.



Anyway, just a heads up for Perl mongers all over the world, so you know the current situation. Stay tuned.

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

・・・ということで・・・





















株式会社ライブドアに就職しました。

脱出プラン無しで会社をたたんだりしません!(キリッ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

もうちょっと黙ってようと思ったんだけど、少しずつ色んな所から漏れちゃったのでばらすと・・・私が代表を務める 株式会社 endeworksは4月末を持って営業を事実上停止しました。

1月の日記では割と余裕な内容を書いてたんだけど、蓋を開けてみれば2010年度にアテにしていた仕事が諸々全部合わせて4000万円弱、全てキャンセルないしそもそも始まらなかったりして、万策尽きてしまった・・・という次第。

たいした負債もないし、社員を全部切るとか会社を続けるっていうだけだったら正直なんとかなったんだけど、まぁさすがにこれだけの額のキャンセルや、それに伴うドタバタで僕の心が折れてしまった、ということで被害がないうちに・・・と今回の運びになりました。

まぁ厳密にはまだもう少し銀行と話したりとか、オフィス機材の処理とかをしないといけないのだけど、とりあえず誰にも(不必要な)迷惑は掛けず負債も完済して全部まとめられる予定。

色々とあったけど楽しかったし、金銭的にも設立金以外は損はしてないし、それに予算とかを絡めたプロジェクトの進行とか色々と雇われているだけでは絶対に覚えられなかった事を覚えられたので勝ち負けで言うと勝ちだと思っております。

とりあえずあともう2ヶ月もすればお金の算段の心配をしなくて済むようになるので、それが一番嬉しい。しかしここ数ヶ月の自分のお金がらみの判断とかはこれ以上ありえないという絶妙なタイミングで進めることができて、ついつい我誉めしたくなるくらいであった。よく余計な負債とか出さずにここまでもってこれたよ・・・ふー。ということでもうしばらくこういう仕事はしたくないw

ちなみにJPAの運営には特に今後も支障はないです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

perl-casual #02 でライブコーディングしてきましたよ

伝わったかどうか自信がないけど、あの中で分かって欲しかったのは

  • CPANに色々あります
  • 無限の組み合わせこそがPerlの強み
  • 自分の環境にperldocっていうすげぇツールがついてるからうまく利用!
  • 英語のドキュメントにびびらないで!ほとんどのモジュールはかなり質の高いドキュメントがついているから賢く検索してみて!(関数名、キーワード、"return")

というあたりかな。Perlは怖くないよ!





あとはこちらは半分冗談ですが「IDEなんていらねぇよ。vimで十分」というのも昨日垣間見えたのではないかな!w
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

最近少女漫画ばっかり読んでる気がするな・・・ってことで最近読んだ漫画。

ちはやふるはスポ根してておもしろかったけど、絵が馴染めない感じ。我が家はもっと癖のある絵が好きらしい。

「うさぎドロップ」は原稿を書いてるとすぐ現実逃避したくなるので思いっきり読みまくってたわけですが、やっと話が回転しはじめた!と思ったらそれが今年2月に発売されてた最新刊で、まだ連載中ってことに初めて気がついた。

・・・なんてことだ。話がきになるじゃねぇか。りんちゃん!りんちゃん!っていうか、4巻から5巻でいきなり高校生になっててびっくりしたよ!

連載を読みたくなるくらいだが、これは多分まとめ読みしないとイライラする類の話だと思うので我慢する・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

先月弊社スタッフのお誕生日用にケーキを買ってくるお話をしていた前後、そういえば3月は@33rpm氏の誕生日でもあったなーと会話に登ったのです。僕は当然言いました「何かいっぱい食べさせてあげようよ。年の数の分だけとか」

前述のスタッフの方のケーキを食べている時、「@33rpmは大食いだなー」って話を振りました。そしたら「いやぁ、でもケーキは脂っこいからなかなか量は食べられないですねー」って言うから「へー、じゃあ何なら食べられると思う?例えば*大福*とか?」「ああ、いけるかもーwwww」「へーそうかーwwww」

その会話のあと、すぐさま大福を日時指定してお取り寄せできる店を探し始めました。

80077442-1cbeab632ab600e70f445702dd2cb19f.4bb02c4c-full.jpg
というわけで一ヶ月前から準備していたDFK-Dayが本日です。

とりよせたのは宮崎は日高成果のなんじゃこら大福、谷常の黒豆大福、塩瀬総本家の豆大福、たねやの大福、榮太樓の豆大福とさくら大福、上野岡埜栄泉の5種大福盛り合わせ。

しめて大福32個です!誕生日おめでとう!33rpm!

今日中に食べないと腐るよ!

追記:「会話が大分捏造されてませんか」と突っ込みがありましたが、こちらは油断している@33rpmの言質を半ばとってやろうと誘導尋問してたのでしょうがないですね!あと一部意図的に記憶からカットした部分はあるかもしれませんが(「基本的に甘い物は苦手なんで」とか)、嘘は書いてないはずです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

週末したこと備忘録。

初めて都電荒川線に乗った。世田谷線よりバスっぽかった。

王子→西日暮里まで歩いた。もっと歩かないといかんな。

突然思い立って広尾のPlatesでランチした。大盛りパスタを頼みたい欲求に駆られたが、やっぱり理性が勝ち、そしてその判断は後のおなかいっぱい具合から考えても正しかった。

キーマカレーを作った。鶏胸肉、豚肉の挽肉、生姜、ニンニク、タマネギにトマト。味付けはカレー粉、ブイヨン、塩胡椒、それに辛みのために作った辛み油。すげぇうまかった。たっぷり作って冷凍しておいたので今週のどこかで弁当に登場するだろう。

家族と三軒茶屋の「とりビアー」で夕飯した。となりで中学生?の娘さんがぎゃーぎゃー泣きながら説教されてて、ぶち切れて店員を呼ぼうとしたら子供だけ先に返されてた。なんだったんだ。あ、ハリセンボンのロケに出会った。春菜思っていたよりはるかにちっちぇえ。

伊集院光のでぃーぶいでぃー、見た。田代さやかを久しぶりに見た。芸なのかもしれんが、一部の出演者の酔っぱらいかたがひどすぎて引いた。あれが演技なら、きっと体勢するんじゃないだろうか。

Data::Localizeのパッチをもらえたと思ったら怒濤のフィックス祭りが始まってしまい、かなりの時間を費やしてしまった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

タイトルほどの内容はない。

Perl6 の開発チームの人の家族の方が癌の再発で手術、入院という状態になっているそうだ。

どんなオープンソースのプロジェクトでもそうだけど、そのプロダクト以上に重要な人生の節目には当然プロダクトのほうがプロダクトじゃないほうが優先されるよね。そのときにこそそのプロダクトにまつわるコミュニティ作りの力が一番試されるんだろうなぁ。人が1人いなくなったらメンテされなくなる事の無いように運営していくのも大切な事だ。

ちなみにPerl6 のほうはすでに他の人達がどうするかを協議している模様。

追記:普通に逆のこと書いてた。間違ってた
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

JPAでやんなきゃいけない事、手伝って欲しいことがいっぱいあるのでとりあえずメモ

  • 2010年度マニフェスト的なものを書かないといけないかなぁ。
  • JPAの日常業務をボランティアで手伝ってもらえる人を募集したい。メールへの反応、YAPC準備、研修準備。毎回お願いしてると結局俺がボトルネックになるので、ボランティアチームがいたらすごい嬉しい。特にYAPCは俺は前線に*出てはいけない*。YAPCで目立ちたい!人が前線に出るべき。LLにならってブレストをやったら人来るかな?
  • JPA PressがGoogle 検索に表れないので、どうにかする必要あり。この間のヤツからAdobeなんちゃらに文字データを入れ込んだはずなんだけど、検索にでてこないんだよな。どうすればいいの?
  • TPF本家ともっと緊密に行動する。特にGrantは使えると思う。ドキュメンテーション回りを特にどうにかしたい。

こっから下はまだ希望の段階。

  • 希望: どこかの大学・専門学校でPerlを教えているところと連携。ツテがあまりありませんので、連絡してもらえると嬉しい。
  • 希望: 全然声を掛けてないけど、なんらかの枠でDBI/Devel::NYTProfの作者のTim Bunce氏をYAPCに呼べたらなーと思ってるんだけど、ぶっちゃけ予算がありません。旅費をスポンサーしてもいいという企業・個人の方はいませんか。
  • 希望: 北海道・東北エリアでの Perl Mongerグループの創設。MLとかそういうのは別口でやってもらうにしても、PMのページをJPAで持つのはありかなぁ。
  • 希望: JPA会員だよ!ってな感じのブログパーツを作成したい。これもぶっちゃけ今は予算がないので、できればボランティアでお願いしたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

100305_2046~02.jpg
Yokohama Perl Mongersのみんなが関内に向かう途中で電車が止まって右往左往している間、僕は昨年 LLTVに出させてもらった縁からアスキーメディアワークスさんでPerlの権益のために声を張ろうと思ってLLふんふん2010のブレストに行ってきましたよ。

結果的には声を張るような状況ではなく、ドミノピザと景品で当てたというブラッセルズのケグからビールをぐびぐび飲みながら壁にペタペタとネタを貼っていくという2時間でありました。最後の片付けはバスの時間あやばかったのでバックれました。すみません。

というわけで今年は7/31に虎ノ門のニッショーホールで開催だそうです。内容はまだ未定。今回のブレスト内でのネタがどれだけ反映されるのでしょうね。

YAPCは多分10月ですよ(ぼそ)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

Perlを使うことのできる中小企業(地方企業含む)って結構いると思うんだけど、そういうのをとりまとめたリストを作って公表するとか、もしくは弊社(endeworks)と取引のあるところと今後の仕事の際にそういう会社に仕事を流して関係を築いていくとか、そういうのって需要あるのかなぁ?

発注したい側、受注したい側、両方とも意見が聞けると嬉しい。

追記1: 見切り発車でこんなwikiページも作ってみました。よろしかったら書き込んでください!

追記2: リンク先間違ってました!直しました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

本日携帯を忘れていますので、携帯へ連絡しても見られません :(

連絡はtwitterかdaisuke@弊社まで。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

某出版社さんに打ち合わせに行ってきたのだけど、このように自分が普段触れない業界の方と話してると必ず思い出す話がある。それはdaibaさんに紹介してもらったこれ→「ムダと一緒に捨てたもの」。

問屋というシステムと現代のムダを削る話なのだが、まぁ現在の状況がいいとか悪いとかは自分で調べてもないのでとりあえずざっと斜め読みしてもらって、キモは2ページ目の「問屋の裏機能」あたりから「そのせいで技術も低下する」のあたり。

出版社の方と話している限り僕は「(物を作るという意味での)作家」側にいるわけだが、話している際に市場のニーズの事や、現実的な流通の経路やビジネスモデルなんかの話をしてもらってそれに合わせて内容を調節していくという事をしていると作家としての「こういうものを書きたい」と思ってる自分とは別に事情とかを聞いて「なるほど」と思っている冷静な自分が同時に考えている。そして毎回非常にそのやりとりとそれをしている事自体がおもしろい。

そういうわけで、話終わった後「彼らはいい『問屋さん』だよなぁ」と思っていつも帰路につく。これで彼らがいなかったらきっとただの垂れ流ししか作れてないと思うのだ。

ネットの時代は様々なコンテンツに関して制限がなくなって、大変素晴らしい事もたくさんあるんだけど、やはり問屋というもの自体は必要だと感じる。要はその二つがちゃんと両立できればいいんじゃないかな。「ムダがある」と分かっていても、市場のニーズや目利きをちゃんとできる問屋方式と、そこに選ばれなかったけど隠れた才能やニーズが本当はあった場合に使える作家→消費者の直接取引と、両方。もうインターネットを含む情報の氾濫の時代は終わらないと思うから、逆に守るべきは問屋方式なんじゃないかなぁ。

かく言う自分も本当はできればプログラマー・デザイナーの問屋方式に近い形で仕事できたらいいなぁと思ってる。そういえば今月の始めでendeworksも5年目でした。会社は10年もってやっと一人前らしいのであと6年くらい。まだ折り返し地点に到達してないんだなぁ。普段コードの事ばかり書いてるけどデザイン業務とか色々できるので是非一度声をかけてみてくださいね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

昨日、なにか現実逃避をしていてマルチディスプレイに関しての記事を読んだのがきっかけで、Buffalo社製のディスプレイ増設アダプタを衝動買いしてしまった。

Macbookでもっとディスプレイを増やすというのは前前からしたかったんだけどご存じの通りデスクトップならカード刺せばいいだけだけど、ラップトップだと使える製品が結構限られてたわけで。ところがこいつUSBなんだよね。簡単じゃん!ってことで購入した次第(ちなみに上位機種もあったんだが、別にたいした用では使わないや、ってことで下位機種を選んだ)。

さて、それが早速届いたのが本日朝。箱を見るとMac用のドライバが入ってないのだが、Buffalo社のサイトを見てみるとどうやら内蔵デバイスを作ってるところのサイトから適当に持ってこいということらしいので、この辺りからさっそく持ってきた。ベータとか書いてあるのが若干怖いけど、ドキドキしながらいれてみたら普通に動作した。

遊んでるWindowsマシンが一台あったのでそこのモニターをかっぱらってきて、つなげてみたところ、やはり描画速度に若干難はあるものの、例えばWebページを見るだけとか、IRC画面を表示しておくだけとか、それだったら全く問題無し!これはいい。

会社の机の制限のせいでまだどうやるのかわからないけど、できることならアームを使ってもう少し高さを調整したいなぁ・・・

夢はMacbookのメインディスプレイ+20~24インチモニターが三つです!

100204_1207~01.jpg

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ちょっとブラウザから永続的なソケット接続を確立したいと考えてFlashをサーバーとJavascriptの間のプロキシとして使うことにした。

で、自分はプログラマなわけだけどFlashとか全然わかんなかったので一から試行錯誤しながら覚え始めたのだがもうひとつひとつ罠にはまりまくっている。忘れないようにメモ(もし間違ってる事とかあったら教えて下さい!)

  • swfファイルが起動した時のエントリーポイントがわからない(int main()みたいなものはいったいどこにあるのかわからなかった)→ .flaファイルを作って、そこにドキュメントクラスに設定したクラス名が起動時にインスタンスが作成されるので、そいつのコンストラクタがエントリーポイント
  • crossdomain.xml的なものは、URLStreamとかを使ってるなら同サーバー内の/crossdomain.xmlにあればいいけど、XMLSocketやSocketを使ってる場合は同名サーバーのポート843にそれ用のちょこっとしたサービスをあける必要がある。なんでHTTPとか、汎用的なプロトコルじゃないのか意味不明。
  • ちなみに"<policy-file-request/>\0"っていうリクエストが来るのでXMLを返す。なんでHTTPじゃないのか(ry
  • この手のセキュリティエラーは明確な形ではエラーとして報告されることはない。願わくばデバッグモードとかオンにしたら「ポリシーファイルがとれなかったよ!」とか教えてくれればいいのに・・・
  • 唯一の手がかりは IOErrorEvent.IO_ERROR, SecurityErrorEvent.SECURITY_ERRORとかに対してイベントリスナーを仕込んでおいて、イベント内容を出力すること。さらにそこでエラーの詳細が出ればいいのに、Error #xxxxとかコードしか出てこない。面倒くさいがぐぐれ。
  • 正規表現を使うのは気をつける。ちょっと検証はしてないのでこれはあくまで自分の勘なんだけどこう、バックトラックが多く発生する正規表現を使うとありえないくらいパフォーマンスに影響がでるような・・・?正規表現をとっぱらってindexOf() と substr() で代用したら普通に動いた。
とりあえず以上。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

とくダネ!で国会議員によるtwitterの利用が話題になっていたが、すごくすごく腑に落ちないことがひとつ。山本一太議員がその中でtwitterのヘビーな利用者として紹介されていたのだが、すごく違和感を感じた。

画面では山本議員が「内閣・外交・国防合同部会」に出席しているところが映し出され、その間にtwitterで発言しているのをリポーターが携帯でそれを見る、というところが映し出されている。その部会中に20回あまりの発言がされたとテレビでは言っていたが・・・

それってつまり仕事をさぼってるよね?

俺もよく会議中とか自分のパソコンにノートを取ってるふりしてちょっと違う事しちゃうとか、他の仕事を片付けちゃうとかやるからよくわかるんだけど、PCいじくりながら本気の議論とか*絶対*にできないよね。

政治がネットで発言することがなんとかとか言ってたけど、これはそういうのじゃないよ。国の将来を考えるべき立場の人が本業そっちのけでtwitter使ってるってだけじゃん!

とくダネ!もとりあげかたおかしいだろ。なんかすげぇがっかりした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ