D-7 <altijd in beweging>

Day to day life of a Perl/Go/C/C++/whatever hacker. May include anything from tech, food, and family.

カテゴリ:TV/DVD/映画


もう見るの4回目くらいなんだけど、かなり好きなほうのTVドラマシリーズ。宮藤官九郎の作る話は脇役の女性キャラが好き。本作では主人公の元カノ、タイガー&ドラゴンではバスガイドの伊東美咲、僕の魔法使いではるみたんと西さん。主人公が割とだらしないタイプが彼の作品には多いが、脇役がいいので好き。

モヤモヤさまぁ〜ず2のDVD 7, 8, 9を予約購入。大江アナが相変わらず美しいので、見ながらそう呟いていると横の相方からつめた〜〜〜〜〜い一言が飛んでくるのだが、こればっかりは辞めるつもりはないのであった。我慢せよ。

ところで今回のDVDの予約購入特典として「雨の幡ヶ谷」エピソードとかが*抽選で*あたるらしいんだけど・・・なんで?なんでいれてくれないの?!意味がわかりません!

テレビシリーズもののDVDでこうしてエピソードが削られたりするのが本当に嫌なんですけど、なんとかならないですかね。諸事情で出せないエピソードがたまにあるのはまぁしょうがないけど、しれーっと削られてるのはわざわざ金を出して買ってる身としてはかなり遺憾ですね。ちなみに特にひどいと感じたのは「内村プロデュース」編集しすぎじゃ!。あと、「くりぃむナントカ]」シリーズも妙に混ぜないで全部出して下さいよ・・・。

こんどゴールデンに行くみたいだけど、今まで通りのテイストでちゃんとやってくれるのかなぁ。フォーマット変えられたら、すぐ見るの辞めるとおもうので、そこのところ是非がんばってください>伊藤P

ちなみに特典のテレ東モヤモヤは結構楽しめました。

突然六本木ヒルズに行くことになり、しかしアテがあったわけでもないので「Slumdog Millionaire」を見てきた。エンディングはまぁ、うんうん、って感じだけど、2時間くらいあるこの映画、全然飽きもせずに楽しめた。おすすめですな。

ところでにーちゃん(大人)の顔が少しマイケルジャクソンに似ている気がした。いや、それだけなんだけど。

今日やっていたNHKの番宣番組で「坂の上の雲」が3年がかりで撮影されていることを知った。坂の上の雲は言わずとしれた司馬遼太郎の代表作品のひとつだけど、その中でも俺の中では傑作と呼ばれるべき作品だと思っている。その作品がこれだけの手間をかけて作られているのがファンとしては正直嬉しい。秋頃放送らしいのだが、楽しみだなぁ。

Sex And The City の BOX 4まで見たのだが、とりあえずキャリーがうざい。うざすぎる。ミランダが一番かわいい。

あとやっぱり英語のほうがおもしろいな。英語版では簡潔に"mercy f*ck"というのを日本語では 「お情けでやる」とかしか言いようがないのが妙な感じなわけですよ。上手くやってるとは思うんだけどねぇ・・・どうしても日本語のほうが下品だったり、全体的に表現ももっさりしてるなぁ。

これまで数年間、DVD売り場に行くたびに未来少年コナンのDVDを見てため息をついていたら、とうとうあまりにも物欲しそうにしていたのが伝わったのか、プレゼントでもらってしまいました。

おもしろいなぁ、コナン。宮崎アニメでも絶対に一番おもしろいと思うよ。

昨日やってたクイズヘキサゴン2はすごかった。あの番組って一体どこまで本当でどこからがやらせなんだろう。56個のマンゴーを出演者18人でわけて、残った分を司会の紳介さんにあげると一人何個ずつもらえますか、って問題なんだけど、その答えが6人中5人ががわからなかったばかりか紳介さんが説明していると(以下記憶から再構築)

紳介「56個のマンゴーが来ました」
回答者「はい」
紳介「18人いるからまず一個ずつ渡すやろ、何個残る?」
回答者「はい」「38個!」
紳介「38個は18人より多いからまたもう一周できるやろ?」
回答者「はい」「ああ、20個だ!」
紳介「20個も18人より多いからまたもう一周できるやろ?」
回答者「はい!」
紳介「で、結局一人何個や?」

すると回答者が声を揃えて「2個!!!」

これは笑った。これってなんてゆとり教育?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ