公証人役場にJPAの定款を持って行ってきた。そしてある意味我々の期待通り、ぼろくそ言われて帰ってきた。まぁいいでしょう。しかし行ってみて分かった点が数点あるので、メモと周知のために書いておく:

  • 「社員」は議決権を持つ。JPAに社員はそんなにいらない。当初は5人とかでもいいと思う
  • 一般的に社団法人内で決定しなければいけない物事は社員総会で決める
  • 理事会はその社員達の「上」にいる。社員総会での決定事項を承認する。つまり拒否権もある。
  • 理事会を設置する場合は必ず監事が必要となる。
  • 企業にしろ、個人にしろ、大多数の人は「会員」になる。会員は議決権を持たない。昨日まで賛同企業は議決権を持つような事を考えていたけど、持たないで会員になってもらったほうが色々好ましいということを理解した。
  • JPA は社員だけにするか、少人数な理事会を設けるのがいいと思う。
とりあえずメモまでに。