# 前のエントリーに加筆するとか言ってまだ書いてないのに次の事書きますが。

Tritonnの謎」で書いてたソート云々だけど、コメントをもらったので補足しておくと、sen_records_sort()で問題が解決するというのはつまり (1) sennaで全文検索するとすごい数のレコードがひっかかる (2) MySQLでいくらインデックス使おうにも、使えない量なのか、なにかそれを妨げる条件を満たしている (3) 結局ファイルソートになってしまう (4) 遅い。激重。・・・という事が起こっていたのだと思う。

sen_records_sort()を使った時には、自分はSQLとの結合とかよくわかんなかったので自分が使う最大レコード数 * 10くらいで固定してしまった(これくらいあれば大丈夫だろう、という適当な計算の元)。それでもレコード数としてはせいぜい100の単位なので、大したI/Oは発生しない。結果的にファイルソートになってるんだかなんだかようわからんが、ともかくも一瞬で終わるようになった。当たり前だが。

以上、とりあえず補足。