D-7 <altijd in beweging>

Day to day life of a Perl/Go/C/C++/whatever hacker. May include anything from tech, food, and family.

2015年05月

ちょうど本業のほうでDBへのアクセスが遅い?んだかなんだかでREST APIがタイムアウトしている事象に出会っていたのでよっしゃとgo-sql-proxyを使おうと思ったのだけど、まずこのままだと実行時間とかが計測できない… ということに気づいて色々考えた結果PRを送る事にした。送ったら光速でマージされた。

今度から NewTraceProxyでプロキシを作れば Open/Exec/Queryに関しては所要時間が出力されるようになります。mysqlなら以下のような感じ:

driverName := "mysql"
if traceEnabled {
    driverName = "mysql-trace"
    sql.Register(driverName, proxy.NewTraceProxy(&mysql.MySQLDriver{}, logger))
}
db, err := sql.Open(driverName, dsn)
...

出力はこんな感じ:

tracer_test.go:27: Open (54.116µs)
tracer_test.go:27: Exec: CREATE TABLE t1 (id INTEGER PRIMARY KEY); args = [] (44.535µs)
tracer_test.go:41: Query: SELECT id FROM t1 WHERE id = ?; args = [1] (1.828µs)

わーい、これでボトルネック探すの捗るぞー!… と思っていたら、元々のNewTraceProxyのシグネチャが

func NewTraceProxy(d driver.Driver, o Outputter) *Proxy

で、これだと自前のloggerを受け付けてくれない!
type MyLogger struct { *log.Logger }
とかでも駄目だ!ということでインターフェースを定義してOutputメソッドを実装してればなんでもいいようにしておいたPRを送って取り込んでもらった。これで使えるようになった。YATTA!(けど、デプロイはこれからなのでまだなにか後で追加するかも…)

どちらのPRも光速でマージしてもらって大分たすかった。ありがとうございます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

最近カンファレンス運営についてのノウハウをちょっとずつアウトプットしていたりします

今回は Web+DB Press #85 でもその一部が掲載されていたものなのですが、YAPC::Asia Tokyo, RubyKaigi, PyCon JP, JANOGという技術カンファレンスの運営陣を集めた座談会の完全版をKindleで出しました。(表紙画像についてはすみません、素人なもんで… もうちょっとがんばって直してみます)

カンファレンスに参加してるだけでは見えてこない運営側の心配、希望、楽しさなどについて読めるかなり貴重な資料だと思います。是非お手にとっていただければと思います!


こちらの売り上げのほうはJPAの運営費やYAPC::Asia Tokyo 2015に使われたりします。よろしくお願いいたします。また雑誌掲載時も今回も編集を手伝っていただいた工藤春奈さんには心からお礼を申し上げたいと思います。日本語が(一部)不自由な筆者では手の届かないかゆい部分の校正をガツガツやってもらえました!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ